運送業許可の役員法令試験について

試験対策をする講師

運送業の許可を取得するためには、2つの法令試験を受験し、ともに合格することが条件になっています。

ひとつは「運行管理者法令試験」
もうひとつがここで紹介する「役員法令試験」です。

え?試験あるの?それ、難しいの?

この辺りはやはり一番気になる部分だと思います。この試験だけはさすがに代理で受験するわけにはいきませんので、裏方として不安を解消できるくらいには十分サポートさせていただきます。

まずは「対戦相手」を知ることが肝心です。役員法令試験の概要について一緒に確認していきましょう。

法令試験の目的

まず安心していただきたいのは、この試験が皆さまをふるい落とすためのものではないという点です。

法令試験の目的は、運送業を適切に運営していくために必要となる関係法令を理解することです。理不尽に業者を選別するような意図で実施されているわけではありませんのでその点はまずお見知りおきください。

法令試験の受験資格

法令試験は誰でも受験出来るわけではありません。当然ながら行政書士が代理で受験することはできません。受験資格があるのは次の方のみとなります。

申請者が個人の場合個人事業主本人
申請者が法人の場合運送業に専従する役員

法人の場合、役員のうち運送業に専従する1名が受験します。専従する役員であれば、代表者である必要はありません。たとえば試験の時だけ行政書士が役員に名を連ねたとしても、「専従」には該当しませんので受験することはできません。

法令試験の実施方法

法令試験は、奇数月(年6回)に実施されます。実際に受験する月は、申請月の翌月以降の奇数月となります。例えば、1月に申請した場合は、次の奇数月である3月、2月に申請した場合も次の奇数月である3月が受験月となります。だからといって1月の申請と2月の申請について、同じ時期に許可が下されるわけではないという点はご注意ください。

残念ながら不合格であった場合は、次の奇数月に再受験することになります。しかし、その分当初の開業予定は遅れることになってしまいます。

再受験は1度だけ認められていますが、2回目の法令試験も不合格だった場合は、申請を取り下げなければなりません。ただし、取下げ後の新たな申請は可能です。

要件なども最初から見直す必要がありますし、そもそも開業予定はとんでもなく遅れていることになりますので、ここはやはり「一発合格」を狙いましょう。

法令試験の出題形式

まずは出題範囲を確認しましょう。

  1. 貨物自動車運送事業法
  2. 貨物自動車運送事業法施行規則
  3. 貨物自動車運送事業輸送安全規則
  4. 貨物自動車運送事業報告規則
  5. 自動車事故報告規則
  6. 道路運送法
  7. 道路運送車両法
  8. 道路交通法
  9. 労働基準法
  10. 自動車運転者の労働時間等の改善のための基準
  11. 労働安全衛生法
  12. 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律
  13. 下請代金支払遅延等防止法
うわ〜法律…。漢字ばっかり。

恐らくこう思われたことでしょう。私も実はこれを改めてまとめているとき、不覚にもそう思ってしまいました。

試験時間は50分間で出題数は30問です。見直しの時間を作るため、1問を1分半以内で解答するのがベストでしょう。設問は、○×方式及び語群選択方式とされています。落ち着いて解答すれば時間は十分に足りると思います。

8 割以上の正答、つまりは24問正解することが合格の条件です。

なお、試験会場では出題範囲となっている法令の条文集が渡されますので、これを見ながら解答することになります。

まとめ

「試験」と聞いただけで身構えてしまいますよね。ただ、試験に合格することが運送業許可の条件となっている以上、やはりここは越えるべきハードルです。開業までの期間を考えると、ここはぜひ一発合格を狙っていただきたいところです。

当事務所では、法令試験対策にももちろん対応しています。万が一不合格の憂き目に遭ったとしても、とことんお付き合いいたします。もちろん追加料金を頂戴することなく無料で対応しております。安心してお問い合せ下さい^^



Follow me!