道路工事等の施工承認申請について│自費工事と道路法24条承認

歩道上のポール
歩道上のポール

工事に伴ってガードレールやポールを撤去したり、歩道や縁石を切り下げようとする際には道路管理者の承認が必要になります。ガードレールも縁石も、これらは元より公共の設備ですから当然といえば当然です。

これらの工事に対して道路管理者が行う承認のことを、単に「施工承認」、もしくは根拠となる道路法の条項から取って「24条承認」と呼んでいます。

本稿ではこの「施工承認」を受けるべきケースや、承認を受ける際に必要となる手続きの進め方について解説していきたいと思います。

施工承認とは

道路管理者以外の者は、道路に関する工事の設計及び実施計画について道路管理者の承認を受けて道路に関する工事又は道路の維持を行うことができる。ただし、道路の維持で政令で定める軽易なものについては、道路管理者の承認を受けることを要しない。

(道路法第24条)

建物の改築や駐車場の設置に伴って、歩道や縁石を切り下げたりガードレール等を撤去したいと思う場面があると思います。

しかし道路や歩道に設置される設備は公共物であって私有物ではありません。たとえ私有地の前面であったとしても、これらの位置や形状を変更したり、勝手に撤去することは認められていません。

そうはいっても公共の福祉や国民の利便性を考慮すると、工事が進まなければ多くの人が困ってしまう場面があることも事実です。

このような場合において、道路管理者の承認を得ることを条件に上記の行為を適法とするための手続きが承認工事の制度です。

道路管理者とは

道路管理者とは、道路の管理や保全を行う行政機関のことを指します。国道の場合は国(国土交通省)、都道府県道の場合は各都道府県、市区町村道の場合は各市町村が道路管理者になります。

具体的な申請先は、国道(2桁国道)であれば国道事務所、県道や3桁国道であれば県土木事務所、市町村道は市町村役場の道路管理課等になります。

承認を必要とする工事

道路管理者の承認を受ける必要があるのは以下のような工事です。ただし、道路の損傷を防止するために必要な砂利又は土砂の局部的補充その他道路の構造に影響を与えない道路の維持については、道路管理者の承認を受けることを必要としません。

  • 歩道の切り下げ・切り上げ工事
  • 道路法面埋立工事
  • 道路の盛土・切土工事
  • 防御柵などの新設・撤去工事
  • 側溝などの新設・改修工事
  • カーブミラー・道路照明灯移設工事
  • その他占用工事など以外で道路に関する工事

施工承認が必要な工事であるかどうかは、道路管理者や施工場所によっても異なります。公共物なので自己判断は避け、工事前には道路管理者に対して必ず事前確認を行うようにしましょう。

具体的な例

  • 資材搬入・搬出のための車両出入口を設置するために歩道を切り下げる場合
  • 車両の出入のために道路付属物(縁石やポール)を撤去する場合
  • 植樹帯の移設又は撤去を行う場合
  • 排水施設等の設置や改廃をするための工事を行う場合
  • 特殊舗装工事を行う場合

手続きの流れ

現場や周辺施設の状況、人通りの多い少ない、バス道の有無等、各事案について個別具体的に判断する必要があるため、施工承認の申請は定型的な手続きとはなりません。このため、事前の現場調査や道路管理者との協議が重要なポイントとなります。

まずは現場を調査し確認した上で協議用の資料を作成し、道路管理者との協議に臨むことになります。この協議を経ることにより、ようやく承認の可否の見通しが立ち、必要書類や手続きの内容などが確定することになります。また、場合によってはバス会社や近隣住民に対する説明や承諾を求められるケースもあります。大まかな流れは以下のとおりです。

①現場調査と事前協議の資料作成
②道路管理者との事前協議
③申請書の提出→補正や追加資料の添付
④道路管理者による現地調査等
⑤承認の決済→承認書の交付
⑥道路工事の着手届の提出
⑦工事開始→工事完成
⑧完成届の提出→完成の決済

また、道路管理者の承認とは別に所轄警察署の道路使用許可が必要となります。状況によっては、さらに道路管理者の道路占用許可も必要になるケースもあります。これらの手続きは、同時並行で進めていくことになります。

道路使用・占用許可について

承認申請に必要な書類

必要となる書類に関しても、各道路管理者によって異なります。おおむね以下のような書類が必要となりますが、詳細は道路管理者に確認するようにしましょう。

  • 承認申請書
  • 位置図
  • 現況平面図及び横断図
  • 計画平面図及び横断図
  • 構造図
  • 現場写真
  • その他道路管理者が求める書類

申請手数料・標準処理期間

管轄によって違いがありますが、申請手数料と標準処理期間は、おおむね以下のとおりとなっています。

手続き申請手数料標準処理期間
施工承認2~3週間
道路使用許可2,500円程3~7日
道路占用許可占用料

2,500円程
2〜3週間
※占用料=道路価格×使用料率×占用面積(×修正率)

まとめ

事前協議の段階から多くの資料を作成することを強いられるうえ、数次の手続きを経る必要があるなど、道路に関する申請については意外に大変な作業を要求されます。単純に工営所と警察署を数回往復するだけでも結構な手間暇です。

また、書類に不備があって補正を命じられてしまうと、その分工事の開始が遅れてしまうことにつながります。本業は工事等であるはずなので、手続きを同時進行で進めることは並大抵のことではありません。煩わしい手続きは専門家に任せて、本業に注力することをお薦めしています。

弊所は道路関連手続きに多くの実績を有します。書類作成はもちろんのこと、関係機関との調整や提出の代行もサポート内容に含みます。下記報酬はあくまで市場を基準とする参考価格ですが、弊所は「話しの分かる行政書士事務所」です。さまざまな事情をくんだ上での柔軟な対応には自信があります。道路関連のお手続きでお困りの際は、ぜひ弊所までお気軽にご相談ください。

施工承認24条申請55,000円~
道路使用許可申請29,700円〜
道路占用許可申請33,000円~
道路使用許可申請
+
施工承認24条申請
77,000円~
道路使用許可申請
+
道路占用許可申請
+
施工承認24条申請
88,000円~
※税込み

道路使用許可・道路占用許可取得、施工承認の申請はお任せください♬

平日9時〜18時、📩は24時間365日対応!

06-6415-9020 または 090-1911-1497

メールでのお問い合わせはこちら。

お問い合わせフォーム

尼崎、西宮、芦屋、神戸、伊丹、宝塚、大阪、豊中、兵庫県大阪府各域を中心に幅広いエリアに対応いたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA