一般廃棄物収集運搬業の許可について│許可の取得が困難な理由

ゴミ収集車

産業廃棄物収集運搬業の許可申請は弊所でも取扱いの多い手続きです。その一方、よく質問を受けるのが「一般廃棄物収集運搬業」に関する事項、特に「一般ゴミは回収できますか?」というものです。

お気持ちは察することができます。一般家庭から排出されるゴミを一手に引き受けることができるようになれば、遺品整理業やハウスクリーニング業等にとってビジネスチャンスが広がることは間違いないからです。

はっきり言ってかなりムリゲーです。

ここでは一般廃棄物収集運搬業と産業廃棄物収集運搬業との違いを示しつつ、何故一般廃棄物収集運搬業の許可を取得することがムリゲーなのかを解説していきたいと思います。

廃棄物とは

廃棄物の区分
出典元:環境省公式サイト

廃棄物は法令上、汚物または不要物であって、固形状または液状のものとされています。気体が含まれていないので、ガスなどは廃棄物に該当しません。

上の図で示しているように、廃棄物はさらに細かく分類されています。要するに一般家庭から排出されるゴミが「一般廃棄物」であり、事業活動に伴って排出されるゴミが「産業廃棄物」であるという認識でOKです。

一般廃棄物とは

産業廃棄物は、事業活動に伴って発生した廃棄物のうち、法令で定められた20種類の廃棄物を指しますが、一般廃棄物とは、法律上この産業廃棄物以外の廃棄物を指し、ごみ、し尿、特別管理一般廃棄物の3つに分類されています。

家庭系一般廃棄物家庭から排出される廃棄物
事業系一般廃棄物事業者が排出する産業廃棄物以外の廃棄物
し尿人の排泄物
特別管理一般廃棄物家電製品に含まれるPCB、廃水銀、ばいじん(煤塵)、 感染性一般廃棄物

一般廃棄物収集運搬業

事業系一般廃棄物を他人から有償で引き取り処理、処分する場合は、一般廃棄物収集運搬業(運搬する場合)又は、一般廃棄物処分業(処分・資源化する場合)の許可を取得する必要があります。また、法律で定められた以上の一般廃棄物を処理する能力のある処理施設を設置する場合にも一般廃棄物処理施設の許可を取得する必要があります。

ただし、基本的に一般廃棄物収集運搬業は市町村が責任主体となって請け負う事業であるため、民間の事業者が一般廃棄物収集運搬業許可を取得することができるケースはごくごく稀な事情があるときに限られています。

許可が行われるケース

広域処理を行うことが法律で定められた資源化を行う場合

広域的処理を行うことが前提となっている法律(容器包装リサイクル法や家電リサイクル法等)で定められた廃棄物の資源化のうち、一般廃棄物処理施設で資源化を行う計画については、別に市が定める評価基準に基づき、基準を満たす場合は、品目及び処理方法を限定し許可が行われます。

リサイクルを推進するための資源化を行う場合

廃棄物のリサイクルを推進するため、「広域処理を行うことが法律で定められた資源化を行う場合」以外の市内で発生した事業系一般廃棄物のみを処理の対象として、一般廃棄物処理施設で資源化を行う計画については、別に定める評価基準に基づいて実施の必要性が判断されます。

当該資源化を実施する場合は、市町村の一般廃棄物処理計画に位置づけると共に、原則として実施業者は公募が行われ、選ばれた業者に対し、品目及び処理方法を限定して許可が行われます。

特殊な対象物の収集運搬

現在行っている収集運搬方法になじまない特殊な対象物が生じて、市町村の一般廃棄物収集運搬業者の能力で運搬が困難な場合については、品目及び運搬先を限定して許可が行われます。

新規許可が行われない場合

市町村の一般廃棄物処理計画に基づき、市町村及び既存の一般廃棄物収集運搬業許可業者が適正な収集運搬を実施できる能力を有している限りにおいて、新規許可は行われません。

このように、基本的に一般廃棄物は市町村が処分についての責任を負うため、実務上は一般廃棄物収集運搬業について許可が行われていないのが実態となっています。

まとめ

廃棄物処理法第25条では、廃棄物の不法投棄について、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金という極めて厳しい罰則を設けています。単純に比較することができないにせよ、保護責任者遺棄罪が3月以上5年以下の懲役という刑罰を科されることと比べてもその刑罰の重さをうかがい知ることができるのではないかと思います。

一般廃棄物を産業廃棄物として取り扱い、産業廃棄物収集運搬業許可で処分を行おうと考える方もいらっしゃるようですがこれは非常にリスキーな行為です。廃棄物の収集運搬業については産業廃棄物収集運搬業許可を取得してその範囲内で事業を行うか、市町村が公募するのを待って一般廃棄物収集運搬業の許可を取得することしか方法はありません。

いずれにせよ廃棄物の処理については全世界規模の重要課題ですから、しっかりとルールを遵守して、快適な社会環境の形成に寄与するよう心がけましょう。

産業廃棄物収集運搬業許可について

Follow me!